Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

C#とClosedXMLを使ってExcelファイルをつくってみる

今回はC#とClosedXMLを使ってExcelファイルをつくってみます。

実際のところ

環境

スクリプト

"/Users/shuzo_kino/csharp/"というディレクトリに、HelloWorld.xlsxを用意する想定で行きます。
手早くチェックしたいので、作成はコンソールプロジェクトで。

using ClosedXML.Excel;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace ClosedXMLTest
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            //インスタンスの作成。作業シートとデータシートの二枚構成
            var workbook = new XLWorkbook();
            var worksheet = workbook.Worksheets.Add("workSheet");
            var datasheet = workbook.Worksheets.Add("dataSheet");

            //まずは素の入力
            worksheet.Cell("A1").Value = "Hello, World.";

            //太字で枠付き
            var cell = worksheet.Cell("B2");
            cell.Value = "Hello, ClosedXML.";
            cell.Style.Font.Bold = true;
            cell.Style.Border.OutsideBorder = XLBorderStyleValues.Thin;

            //参照用シートからデータを作業用シートへコピー
            datasheet.Cell("A1").Value = 12;
            worksheet.Cell("C3").Value = datasheet.Cell("A1").Value;

            //列幅の自動調整
            worksheet.Columns().AdjustToContents();


            //出力
            workbook.SaveAs("/Users/shuzo_kino/csharp/HelloWorld.xlsx");
        }
    }
}

こんな感じで出力されるのが確認できます
f:id:shuzo_kino:20171027230400p:plain