Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

【読書メモ】 発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

発達障害の僕が「食える人」に変わった すごい仕事術

ネット論壇で有名な発達障害者論客の借金玉氏による、
社会性の無いお友達が何とかやってくためのTIPS集です。

目的の部分は第三章の社会性についてのパート。
各種コミュニケーションプロセスを「部族の儀式」とみなして、
我々異邦人がいかに上手くやっていくか紹介してくれています。

一応、社長なんかをやっていけてるのでコミュニケーションは表面上はなんとかできているのですが、
肝心な局面ではボロが出ていつもひどい目にあいます。
特に御為ごかし……あるいは行為の押し売りが苦手で
そういったタイミングになると一気に対処行動の質がおちます。
この本で紹介されている「部族の三大通貨」という概念、
この課題には相当マッチしそうです。

あとそうですね……この本でも「休み大事」と書いてました。
今日土曜日ですが、金曜日に約束しちゃった仕事をやってたりします。
このあたり、以前紹介した本でも取扱があって、その瞬間はかなり関心していました。
shuzo-kino.hateblo.jp

「仕事一筋」と「成り行き上の仕事一筋」は異なる

多少は意識してたつもりでしたが、気がついたらまた以前に逆戻りしてます。
根っこは全く変わってないですね……実行しないと一生このままです。