Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

whiptailをつかってCLIに対話型画面をつくる その1:導入

whiptailをつかうとBIOSの設定とか、raspi-configなんかで見かけるような
色付きで画面を作ることができます。
黒い画面メインの環境で他人に設定ファイルを確実に実行

実際のところ

Ubuntuならデフォで入っています。
環境を引き継いだ等の理由で導入されてない場合は

$ sudo apt install whiptail

もっとも基本的な確認メッセージは、以下のような感じ。
縦10文字、横60文字っていう設定です。

$  whiptail --msgbox "no msg" 10 60

f:id:shuzo_kino:20190527234815p:plain

参考もと

orebibou.com