【読書メモ】人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

いわゆる自己啓発の古典で、
タイトル通り人のやる気を引き出す方法について書かれています。

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

ハッカーと画家のポール・グレアム氏がエッセイ中で言及していたので手にとってみたのですが、
なるほど、現在でも通じそうな……というか、自己啓発本で見かけた様な話がポツポツ見られました。
戯曲でいうシェイクスピア、バトル漫画でいうドラゴンボールみたいな現象ですね、これは。

事例の登場人物が、冒頭の殺人鬼以外、クレーマーを含め善人ばかりで若干違和感こそあるものの
その気があれば直ぐにでも実行できそうな事柄ばかり。
……言うまでもなく、知っている事と行動に移せる事には天と地ほどの違いがありますが。
だからこそ、長く読まれ、模倣作が溢れ、そして世の中決定的には変わっていないのでしょう。