Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Raspberry PiでLTEに接続できるシールド4GPIをためす その1:環境構築

実際のところ

公式から構築済みイメージが配布されてるそうですが、今回はナマのraspbian(2020年3月31日最新版)から構築します。

ライブラリの用意

まずはリポジトリの追加。

$ curl https://mechatrax.github.io/setup.sh | sudo bash

続いて、メカトラックス様のリポジトリを追加。
それほど重くないですが、念のためネットワークに余裕のある状態でやりましょう。

$ sudo apt install 4gpi-utils 4gpi-net-mods 4gpi-networkmanager

LTEバイスの設定

続いてSIMの設定。
今回はデフォでグローバルIPアドレスをくれるインターリンク様のSIM*1を使いました。

$ sudo nmcli con add type gsm ifname "*" con-name gsm-4gpi-interlink apn lte-mobile.jp user YOURNAME password YOURPASS
Connection 'gsm-4gpi-interlink' (786737eb-zzz) successfully added.

イプシムさんならこんな感じ。

$ sudo nmcli con add type gsm ifname "*" con-name ipsim.net apn 4gn.jp user sim@with password sim

このコマンドを実行すると、少し設定まちのあと、LTEの新しいインターフェイス"wwan0"がでてきます。
試しにipコマンドでIPアドレスをみています。
インターリンク様のSIMであれば、あらかじめ設定済みのグローバルIPが出るはず。

$ ip a | grep wwan0
4: wwan0: <POINTOPOINT,MULTICAST,NOARP,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UNKNOWN group default qlen 1000
    inet 133.232.zzz.zzz/30 brd 133.232.zzz.zzz scope global noprefixroute wwan0

駄目押しでネットワークアダプターのステータスも見てみます。

$ nmcli dev status
DEVICE    TYPE      STATE     CONNECTION         
cdc-wdm0  gsm       接続済み  gsm-4gpi-interlink 
eth0      ethernet  接続済み  eth0               
wlan0     wifi      利用不可  --                 
lo        loopback  管理無し  --                 

ファイヤウォールの設定

ufwが入ってない場合は、先に導入し有効化しときます。

$ sudo apt install ufw
$ sudo ufw enable

色々できますが、今回はSSH(22番ポート)のみをあけます。
グローバルIPなので接続制限はかけときました。

$ sudo ufw default deny
$ sudo ufw limit 22

こうなっていれば成功。

$ sudo ufw status
Status: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
22                         LIMIT       Anywhere                  
22 (v6)                    LIMIT       Anywhere (v6)             

rasPiをネットワークから切り離した状態で、グローバルIPを使ったSSHコマンドで接続できれば成功です。
不安なら、秘密鍵方式を使ってもいいでしょう。

$ ssh pi@133.232.zzz.zzz

*1:公式で動作確認されてるものじゃありませんが、今のところ問題なく動いてます。