Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

【読書メモ】私も電子回路のオタクになる: 初歩のデジタル回路から実践的回路設計へ

Kindle Unlimited にあったので登録。
タイトルの通り、デジタル回路の入門本です。

二進数の解説だったり74系の論理石があったりと、最初の方はよく見かける教科書的な内容。
半分くらい過ぎてから実際の回路で発生する事の説明と対策が出てきて実用味がでてきます。

チャタリングとか、クロック速度の話とか、3入力のNOTがないならNORで代用せい等々。
こういうのロボメカみたいな実践系サークルにいないと工業大学出でも知らない人いますからね。

私がこの本ではじめて知った概念として「ハザード」といのがありました。
AとBの入力があって、回路を噛ませてYを得る際にAとBが極々微妙にズレて*1一瞬だけゴミ信号が生じるという現象です。
普段はArduinoやAVRと市販のキットをつかって用をすます軟弱者なので、このあたりはマイコン内部でやってくれる事なんですよね……。
こういう知見の文章はありがたいです。

*1:伝搬遅延が生じて