Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

クロスプラットフォームなアプリ作成ツール「Electron」で遊ぶ その10:「ファイルを開く」ウィンドウ

dialogは

The dialog module provides APIs to show native system dialogs, such as opening files or alerting, so web applications can deliver the same user experience as native applications.

とあるように、「ファイルを開く」系のアレを扱う奴です。

実際のところ

main.js

const dialog = require('electron').dialog;

app.on('ready', function() { 
//(ry
  console.log(dialog.showOpenDialog({ properties: [ 'openFile', 'openDirectory', 'multiSelections' ]}));
//(ry
});

動作

うまくいくと、コンソールに

$ npm start

> electron-quick-start@1.0.0 start /Users/shuzo_kino/node/electron-quick-start
> electron main.js

[ '/Users/shuzo_kino/filename.file' ]

といった感じでファイル名が表示されます。
実際には、ここにファイルを開いたあとの挙動を連携させることで色々できます。

書式

dialog.showOpenDialog([browserWindow][, options][, callback])

という構文なのですが……このoptionsが結構複雑で「音声ファイルだけを開く」みたいなオプションの設定も可能です。
まだ研究不足なので理解が深まったら記事にします。

参考もと

electron.atom.io