【読書メモ】いつになったら宇宙エレベーターで月に行けて、 3Dプリンターで臓器が作れるんだい!?: 気になる最先端テクノロジー10のゆくえ

アメリカンな画風の漫画でわかる、今時な技術の本当のところ。

以下、公式より抜粋

「近いうちに実現するかも」と言われている新しい科学技術が,今どうなっているのかを徹底解説!
新しい科学技術が誕生し,近いうちに実用化されるのではいうニュースを,よく見聞きするだろう.しかし,期待どおりに実現するものは少なく、その後どうなったかわからないままのものも多い。
この本では「,宇宙エレベーター」「核融合エネルギー」「臓器プリンター」「ロボットによる建設」といった最新科学技術をとりあげ,それらが「どこまで進んでいるのか」「?何が障害となっているのか」「?実現したら世界はどう変わるか」?を追求する.皮肉っぽい語り口とシュールなマンガに,思わずニヤリとしながら,手軽に楽しめる科学読み物である。

我が国の実用書コーナーなんかで見かけがちな、妙に扇動的な内容でもなく面白おかしい方向によせたブルーバックスみたいな安定感があります。
まあ、たいていの新技術は失望の谷を経由するもんですが、それなりに騒がれたものは何やかんやで世の中に貢献してるんだな~っていう小学生並みの読後感がありました。