Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Pythonモジュールで定義されているモノを調べる

Pythonモジュールの中身を調べるには、
importした上で組込み関数dirかhelpを使います。

実際のところ

では、実際にsqlalchemyの中身を見てみましょう

メソッドや特殊変数を見たい場合はdir

import sqlalchemy
dir(sqlalchemy)
#>> ['BIGINT', 'BINARY', 'BLANK_SCHEMA',  ... ,'tuple_', 'type_coerce', 'types', 'union', 'union_all', 'update', 'util']

メソッドの説明を見たい場合はhelp。
これはモジュール自体にちゃんと書かれてないといけませんが。

help(sqlalchemy)

REPLでみると、lessの形式で説明が出てきます。

Help on package sqlalchemy:

NAME
    sqlalchemy

DESCRIPTION
    # sqlalchemy/__init__.py
    # Copyright (C) 2005-2016 the SQLAlchemy authors and contributors
    # <see AUTHORS file>
    #
:

メソッドもいけます

help(sqlalchemy.update)
Help on function update:

update(table, whereclause=None, values=None, inline=False, bind=None, prefixes=None, returning=None, return_defaults=False, preserve_parameter_order=False, **dialect_kw)
    Construct an :class:`.Update` object.
    
    E.g.::
    
        from sqlalchemy import update
    
: