git diff自体はgitリポジトリの中にいなくても使える

たまたまタイポして気づいたのですが……git diffはgitリポジトリの中にいなくても使えます。
ローカルで差分つくって、素ファイルを".bak"とかしておけば手軽にgit基準の差分ファイルが作れますね。

$ git diff 001.txt 002.txt 
diff --git a/001.txt b/002.txt
index 6f73f1d..5902f77 100644
--- a/001.txt
+++ b/002.txt
@@ -1,2 +1 @@
-001
-
+002