【読書メモ】「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ

「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ

  • 作者:石原 加受子
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2017/08/29
  • メディア: 単行本

よくある、心理学系の軽い読み物かと思い手に取ったところ、
中々強烈な知見というか見方を得られたので、メモ。

著者曰く、マウンティング型の人間は心の根っこに「責任をとることへの過剰な恐れ」があるのだそうです。

責任回避する理由は人それぞれですが、具体的対処能力や責任意識の欠如については共通しているようです。
また、責任転嫁の成功経験に引っ張られ、本人の課題能力も日々劣化していく負のサイクルも生じてしまう欠点も生じているのだとか。

私も色々なマウンティングせずには居られない人々をみてきましたが
確かに「責任」とか「実務」といったことを過剰に恐れていたように思います。
個人的経験では、情報や人手の交通整理を担っている立場の人がマウンティングをしてくる傾向がありましたね。

こういった輩に対し、作者の提案する対策法は「言葉で相手に拒否の意向を示すこと」。
自己欺瞞が進みすぎて責任を押し付けているという自覚がないため、やれ貴方のため、やれ会社のためと
自分のための利益誘導にも関わらず感情的になっています。
こういう局面では渋々やる態度は火に油を注ぐだけです。
そのため、自分の状況や能力を言葉で説明し、相手のフレームに乗っからないようにするよう勧めています。