Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

tilesetをサクサク作れるTexturePicker その1:導入編

TexturePickerはtilesetを作る事ができる便利ツールです。
OS XからUbuntuWindowsまで幅広くサポートしています。

実際のところ

公式のダウンロードページに行きます。
TexturePacker Download - Newest releases and betas
f:id:shuzo_kino:20160409161004p:plain

Mac (OS X)

OS X版はより簡単で、例のインストーラーが起動します。
左から右へD&D
f:id:shuzo_kino:20160409161038p:plain
アプリケーションフォルダに行き、アプリを起動します。
ライセンスまわりが出てくるので、よく読んでOKなら同意。
f:id:shuzo_kino:20160409161047p:plain
どっちで導入するか聞かれる画面が出てきます。
今回はフリー版で機能だけ見せてもらいましょう……。
f:id:shuzo_kino:20160409161053p:plain
起動すると、シャレオツなGUI画面がでてきます。
f:id:shuzo_kino:20160409161100p:plain

CLIでやりたい場合、デフォルトだと上手く読み込まないそうなので
公式の指示通りに以下のコマンドを叩きます。

$ sudo ln -s /Applications/TexturePacker.app/Contents/MacOS/TexturePacker /usr/local/bin/TexturePacker

Ubuntu

Ubuntuにもパッケージがあります。
deb形式で配布してるので、ダイレクトリンクでもらってきましょう。

$ wget https://cdn2.codeandweb.com/download/texturepacker/4.1.0/TexturePacker-4.1.0-ubuntu64.deb

依存性があるとヤなので、念のためgdebi経由で導入します。

$ sudo apt-get install gdebi
$ sudo gdebi TexturePacker-4.1.0-ubuntu64.deb

Ubuntuでローカルの「.deb」ファイルを依存関係を解決してインストールする方法 : 元うなぎ屋

無事終わり、CLIの方を起動すると、利用規約まわりの文章が出てきます。
問題なければagreeと入力

$ TexturePacker
You must agree to the license agreement before using TexturePacker.

Licensing Terms for the "Texture Packer" Software - End-User License Agreement
(EULA)


Preamble

Please read the following terms of the end-user license agreement on the
software specified below carefully.

// 中略
Effective: 05/2015


Please type 'agree' if you agree with the terms above: 

ちゃんと終わったら

$ TexturePacker --version
TexturePacker 4.1.0 (64 bit)
(c) 2014 by CodeAndWeb GmbH - www.codeandweb.com

参考もと

www.codeandweb.com