一週間ほどVRな有酸素運動アプリ「BoxVR」をやってみた感想

store.steampowered.com

いわゆるボクササイズをVRでやろうという趣旨のVRゲーム。

建設DX用途*1と称して買って以降出番もなく高級文鎮と化したOculus Riftがあったので、
年度末にカネが多少余ったので研究と福利厚生をかねて購入。

お値段、3000円ほど。

初日

ノリで買った初日は特に目標もなく、洗濯の空き時間にやったため、偶然30分100Kcal(難易度最低)ほどで終了。
高々お茶碗半分程度のカロリーを消費しただけなのに異様に疲れるし汗をかく。
上野から東京まで片道一時間(約3.5㎞)ほどは苦もなく歩くような生活だったのに……?
これは考えてみれば当然で、歩くのとボクササイズでは使う筋肉が違うという話。

もう少し頑張ろうかとも思ったものの、有酸素運動が効果を発揮するのが大体30分ほどとの聞きかじり知識から、
疲れてない今を区切りとする判断で終了。
この判断は当たらずとも遠からずといったところで、実際に翌日に疲労は残らず。
ただし、おそらく関節をやったと思われる痛みがしばらく残ることに。
対策として二日目からは先にラジオ体操を挟むようにしたら幾分マシに。

プレイ感

ノリよくリズムよくパンチやスウェイをやるのが単純に楽しい。
ノッてくると、息するタイミングも整って集中力も増した気分。

前のバージョンは遅延があったらしいが、今は感じられない。

VRゲーム一般にいわれる、VR酔いは私にはなかった。
まぁ、視点があんまり動かないのと、加速度を感じる映像表現がないのが大きい気もする。

継続に関して

とりあえず起動して30分をとにかく続ける。
運動不足という自己認識なので、初級、中級の3分~10分くらいのメニューを3つほど組み合わせて100~150kCalになるように選んで実施。
主観では中級の10分くらいがテンポがよくやってる感がある。
中級二曲に初級のエアロビ(?)を3分メニューで大体150Kcalくらいになる。

(蛇足)最上位コースは成人男性の基礎代謝に匹敵……!?

レビューみてると再考難易度では一時間なんて愉快なコースもあるらしく……その消費カロリー、なんと1500kCal。
成人男性60Kgの基礎代謝が確か1500Kcal前後ですから……おぃおぃそんな馬鹿な。

上でも書いた通り、関節をやるリスクがあるため準備体操は必須。
ラジオ体操だと全身ほどよく動き、消費カロリーもあるのでお得。

慣れ度合いについては、初日は100kCalでも30分の間に一回休憩はさんで最後は息切れ状態、
一週間目は150kCalでも、まだいけるなぁという塩梅。

*1:本当は買ってすぐにUnityと連携したシミュレーションの仕事がある筈だった