Bye Bye Moore

PoCソルジャーな零細事業主が作業メモを残すブログ

ゲームパッドをキーボード化する antimicroをWindows10でためす

ROSや古いゲーム・アプリケーションなんかですと、所謂WASD配列で動かす奴が今でも存在してます。
それを手間を少なくゲームパッドで対応させる方法として、ゲームパッド自体を疑似キーボードとしてしまう方法があります。
そういうときにantimicroというソフトを使うと楽だったというのが今回のお話。


実際のところ

antimicroの導入

公式によると、現在Windows版のビルドが失敗するとのこと

といわけで、バイナリを頂いてきましょう
github.com

クリックすると、昔ながらのインストーラ
Win10では承認するか出てくるので、よければ承認
f:id:shuzo_kino:20211206194630p:plain

f:id:shuzo_kino:20211206194821p:plain

起動するとこんな画面
f:id:shuzo_kino:20211206194900p:plain

試しに↑キーをクリックすると、ソフトウェアキーボード方式で入力できるような画面がでてきます
もちろん、キーボード自体で入力する事も可能
f:id:shuzo_kino:20211206195324p:plain

というわけで、こんな風にWASDを配置してみました
f:id:shuzo_kino:20211206195427p:plain

保存ボタンを押して名前を登録すれば有効になります
ゲームなんかでは再起動しないと反映されないみたいです

参考もと

github.com