Bye Bye Moore

PoCソルジャーな零細事業主が作業メモを残すブログ

aws

AWS LightsailでWordPressなサイトを運用する その3:静的コンテンツを外おきする

aws

実際のところ AWS S3を使う(本命) AWSの静的ファイルを置いとくサービス。 画像や動画、CSSやJSがいける。これと、Wordpressのキャッシュ系プラグインを連動させる。 軽く調べた限り、以下のが割と使われてる模様。 W3 Total Cache WP Super Cache WP Fast…

AWS LightsailでWordPressなサイトを運用する その1:そもそもAWS Lihgtsailとは

aws

aws.amazon.com 公式によると、 Lightsail は使いやすい仮想プライベートサーバー (VPS) であり、アプリケーションやウェブサイトの構築に必要なすべてのものに加えて、コスト効率が良い月額プランを提供します。 クラウドに慣れていないお客様でも、信頼し…

Amazon Kinesis Video Streamsにアップロードする その2:そとから中身をみる

aws

総ページ300超の公式開発ドキュメントに圧倒されつつ、なんとか外に公開できるようになるまで…… 実際のところ HLS形式のGetHLSStreamingSessionURLと接続し、"video.js"のような外部ライブラリを使って配信する。 今書いてまs 参考もと よくある質問 - Amazo…

Amazon Kinesis Video Streamsにアップロードする その1:環境の構築と反映。

以前の記事でOV5649とmjpg-streamerを使った配信をやってみました。 これだと機体に毎回接続しないといけないので負荷が大きいですし、保存も一苦労です。 そこで、AWS資源上にストリーミング環境つくって解析したり保存したりできるAmazon Kinesis Video St…

Boto3でAWSにアクセスする その2:S3にアップロードする

ではおまちかね、ファイルをぶっこんでいきます。 実際のところ 本当にぶん投げるだけなら、そのまんまメソッドよむだけ。便利。 import boto3 s3 = boto3.resource('s3') bucket = s3.Bucket('YOUR_BUCKET') bucket.upload_file('./image000.jpg', 'image00…

Boto3でAWSにアクセスする その1:接続情報の設定とS3の接続

AWSのPython用SDKとしてBoto3というのがあります。 こいつを使って、RasPiのファイルをS3にあげる動きを実装してみます。 実際のところ AWSのIAMアカウントを生成 AWSマネジメントコンソールから、IAM IAMコンソールのダッシュボード ユーザー 「既存のポリ…