Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

読書メモ

【読書メモ】ゼロ戦から夢の超特急

ゼロ戦から夢の超特急―小田急SE車世界新記録誕生秘話 (交通新聞社新書)作者: 青田孝出版社/メーカー: 交通新聞社発売日: 2009/10メディア: 新書 クリック: 2回この商品を含むブログを見る「ゼロ戦から夢の超特急」はタイトルの通り航空産業のエンジニアが鉄…

【読書メモ】リスクにあなたは騙される

リスクにあなたは騙される (数理を愉しむ)作者: ダン・ガードナー,田淵健太出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/07/24メディア: 文庫この商品を含むブログ (4件) を見るこれほどまでに寿命が伸び、諸々の娯楽があるにも関わらず、なぜか人は「リスク」を…

【読書メモ】システム障害はなぜ二度起きたか

システム障害はなぜ二度起きたか みずほ、12年の教訓作者: 日経コンピュータ出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2011/07/28メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 466回この商品を含むブログ (15件) を見る「青い銀行」こと、みずほ銀行といえば、 個人的には…

【読書メモ】外国人力士はなぜ日本語がうまいのか

外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ作者: 宮崎里司出版社/メーカー: 明治書院発売日: 2006/01メディア: 単行本 クリック: 44回この商品を含むブログ (10件) を見る強烈なタイトルをみて、即手に取りました。 言われてみ…

【読書メモ】歴代知事三〇〇人 日本全国「現代の殿さま」列伝

歴代知事三〇〇人?日本全国「現代の殿さま」列伝? (光文社新書)作者: 八幡和郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2014/07/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る「現代の殿さま」などと強烈な表現が目につく、光文社の新書です。この手の本はどうも…

【読書メモ】官僚の研究 不滅のパワー1868−1983

官僚の研究―不滅のパワー・1868‐1983作者: 秦郁彦出版社/メーカー: 講談社発売日: 1983/05メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログを見る「官僚の研究 不滅のパワー1868−1983」はバブル景気ちょい前、1983年に出版された本…

【読書メモ】ヘルシープログラマー

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack作者: Joe Kutner,Sky株式会社玉川竜司出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2015/07/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (9件) を見る不健康職種の代表選手、…

農水省資料「世界のかんがいの多様性」を読んでみる

近頃、何かと話題の水資源。 第三次世界大戦は水を巡って発生するなんて与太話もでるほどです。 一部では水蒸気をかき集めて水を作る装置なんてのも出来たそうですが(以下のリンク参照)wired.jp 実際不足気味なのは、「農業用水」です。 レタスもトマトもジ…

【読書メモ】テレワーク「未来型労働」の現実

なんで手に取ったの テレワーク―「未来型労働」の現実 (岩波新書)作者: 佐藤彰男出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2008/05/20メディア: 新書 クリック: 11回この商品を含むブログ (22件) を見る「"未来型労働の現実"とは、タイトルからして斜めに構えた見方…

【読書メモ】東アジア内海世界の交流史

最近、流通の歴史に興味が出てきたので、色々調べてます。 今でこそ電子商取引といった実物抜きの取引が実現してますが、 経済の基本はモノのやりとりです。今回紹介する「東アジア内海世界の交流史」も、 そういった日本や中国、東南アジアにおけるモノのや…

【読書メモ】ミニコミマニア

シンプルに「ミニコミマニア」と、内容そのまんまのパワー溢れるタイトルが魅力的。実は私、学生時代には学内向けの広報誌を作っていました。 新入生や在学生に体育館が改築されたとか、学科が再編されたとか、学生総会の結果なんかをお知らせするやつです。…

【読書メモ】北朝鮮ポップスの世界

北朝鮮の音楽というと、あまり有名じゃないのですが 私のような一部の趣味者にとっては 普天堡電子楽団のようなトチ狂った作りでとても印象に残る曲を出す事でカルト的な人気があります。個人的に、北の音楽が魅力的である理由は 「どこのなく残る大日本帝国…

【読書メモ】伝わるデザインの基本

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール作者: 高橋佑磨,片山なつ出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2014/07/03メディア: 大型本この商品を含むブログ (8件) を見る我々エンジニャーにとって、デザインという奴は中々馴染みがない分…

【読書メモ】プログラミング言語AWK

プログラミング言語AWK作者: Alfred V.Aho,Brian W.Kernighan,Peter J.Weinberger出版社/メーカー: シイエム・シイ発売日: 2001/03/01メディア: ?購入: 1人 クリック: 22回この商品を含むブログ (9件) を見る旧い型ですが、その筋の方に大人気の魔道書「プロ…

【読書メモ】ウェブデザインのつくり方

ウェブデザインのつくり方、インターフェイスデザインの考え方。作者: 矢野りん出版社/メーカー: MdN発売日: 2011/09/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 6人 クリック: 229回この商品を含むブログ (8件) を見るエンジニャーはシステムは組めてもデザ…

フランチャイズは地域を元気にできるか―誰も書かなかったその役割と課題

フランチャイズは地域を元気にできるか―誰も書かなかったその役割と課題作者: 植田忠義出版社/メーカー: 新日本出版社発売日: 2011/04メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (1件) を見る柄にも無く社会問題の本を読んでみました。 この本はタ…

スマホアプリやIoTデバイスを開発する時のプライバシー情報取り扱いは「Privacy by Design(PbD)」を参考に組み立てると良いかもしれない

スマホアプリやIoTデバイスを開発する上で鬼門になるのが、プライバシー情報の取り扱いです。 有名ドコのアプリですら、曖昧な文言でお茶を濁しつつ何とかプライバシー情報を吸い取ろうとします。 こういった問題に関し、90年代にカナダ政府系機関から提唱さ…

【読書メモ】ロンドン貧乏物語

「ロンドン貧乏物語」はヴィクトリア時代の呼売商人(要はその日暮らしに近い零細商人)のお話を集めた本です。*1 今でいうところのノンフィクションにあたる内容で、「パックスブリタニカ」と呼ばれる黄金時代の英国における彼ら彼女らの姿を生々しく記録し…

【読書メモ】戦争と広告

戦争と広告作者: 馬場マコト出版社/メーカー: 白水社発売日: 2010/09/18メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 55回この商品を含むブログ (8件) を見る太平洋戦争時代の日本広告業にフォーカスした内容です。 プロジェクトX的な群像劇形式の冊子となっていま…

【読書メモ】あのメニューが生まれた店

あのメニューが生まれた店 (コロナ・ブックス)作者: 菊地武顕出版社/メーカー: 平凡社発売日: 2013/11/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見るハヤシライスからタコライスまで、聞いたことがあるような有名料理元祖の店を取材した本です私の好…

【読書メモ】「きょうも料理 お料理番組と主婦 葛藤の歴史」

きょうも料理―お料理番組と主婦 葛藤の歴史作者: 山尾美香出版社/メーカー: 原書房発売日: 2004/04メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (21件) を見るこの本は明治以降の料理番組・雑誌を分析、料理という文化を調査、という趣旨の…

【読書メモ】「シェルスクリプト高速開発手法入門」

フルスクラッチから1日でCMSを作る シェルスクリプト高速開発手法入門 (アスキー書籍)作者: 上田隆一,後藤大地出版社/メーカー: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス発売日: 2014/07/02メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るタイトルからして狂気…

読書メモ「強いチームはオフィスを捨てる」

読書メモ「強いチームはオフィスを捨てる」 概要 Ruby on Railsやベースキャンプで有名な37signalsの最新刊。 今度はリモートワークのやり方と実践の本です。 カフェでお仕事等々、パッと見ノマド勢も使えそうなネタが散見されますが 本質はチームから見たリ…

読書メモ:おいしいClojure入門

発売したばかり*1の新刊「おいしいClojure入門」の簡易感想文です。 目次 第1章 Clojure環境の作り方と始め方 第2章 数行のコードで毎日の仕事がラクになるClojure 第3章 開発心が沸き立つClojure 第4章 Clojureでお手軽,チョー楽しいWeb開発 第5章 メッセ…

【読書メモ】それは、Lispという名の狂気  Land of Lisp どくしょかんそうぶん

Land of Lisp作者: M.D. Conrad Barski,川合史朗出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2013/02/23メディア: 大型本購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (18件) を見るはてブで話題になったLisp星人本こと、Land of Lispの簡易書評です。………

【読書メモ】Rubyシェルプログラミング

書評できるほど読めていないのですが…… 「Rubyシェルプログラミング」という本を買いました。Rubyシェルプログラミング作者: るびきち出版社/メーカー: 技術評論社発売日: 2003/08/02メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (1件) を…

改訂新版 Cプログラミング診断室

いつまでも更新しないのはアレなので……。twitterでこんなサイトが紹介されていました。 やさしいCプログラミング http://www.res.kutc.kansai-u.ac.jp/~nakagawa/euc/book.html ……タイトルに反して、やっている事は似非Modula-2です。そこで私が思い出した…